婚活サイト ウーマン ツヴァイTOP > コラム インデックス > ダヨリンの“出会い上手”のヒミツ > 脱・減点法のススメ

ダヨリンの”出会い上手”のヒミツ 結婚も恋愛も、始まりは素敵な「出会い」から…。恋愛アナリストの”ダヨリン”ことヨダエリさんが、出会いのヒミツや、心から信じられる人と恋愛する方法をレクチャーします。

Profile

ヨダエリ
文・ヨダエリ(dayorin)
コラムニスト/恋愛アナリスト
5月23日生まれ。東京都目黒区出身。
慶應義塾大学文学部卒業。思春期はドイツ在住。
主な著書は『その恋、今のままではもったいない!』(情報センター出版局)、『今度こそ「信じられる人」と恋愛する本』(すばる舎)など。最新刊(9/23発売)は、恋愛コンサルユニット「恋つく」としての共著『5秒で彼診断♡ 恋のリトマス試験紙』(毎日新聞社)。
ブログ:「ダヨリン 普通日記」

2011.12.14

脱・減点法のススメ

関連キーワード:恋活  ノウハウ  ナレッジ

初対面の相手を“減点”していませんか?

突然ですが、質問です。
 
あなたは、飲み会やデートなどで男性と会うとき、相手を減点法で見ますか?
それとも加点法で見ますか?

「えっ! 急にそんなこと聞かれても」と思うかもしれません。

減点法とは、相手の短所に着目して、評価を決めること。
加点法は、相手の長所に着目して、評価を決めること。

自分はどちらの方法で相手を見ているか?
わからない場合は、合コンや初デートの後、友達にその日の感想を話しているときの自分を思い出してみてください。どんなふうに、何を伝えることが多いか。
 
もし、
「猛スピードで愚痴を言う自分」
「残念だった点をため息混じりに話している自分」
などが思い浮かぶのであれば。

あなたは、無意識に相手を減点法で見ているかもしれません。

その癖とは、今日からおさらばしましょう!

減点法は百害あって一利なし。
その癖のせいで、出会いを逃している人は、とってもとっても多いのです。


減点法がなぜ出会いを減らすか。
 
まず、人と会っていても楽しくありません。
顔がどう、話し方がどう、声がどう、体型がどう、学歴がどう、肩書きがどう、女性に対するマナーがどう、頼り甲斐がどう、などなど、つねに心にチェックシートを持って、相手の「気に入らない部分」をチェックしているわけですから。
 
「いいな」と感じるところを見つけてうれしくなることはあっても、「ちょっとなぁ」と感じるところを見つけて楽しくなる人はいませんよね。つまり、自らテンションを下げる行動をしているようなものなのです。テンションが下がれば、当然その人と再び会おうとは思えなくなります。ゆえに、実を結ぶ出会いに発展しづらくなるのです。
 
だからといって、自分の直観や感覚に嘘をつけと言っているのではありません。
あなたを蔑むような態度をとったり、あなたの家族や友達を悪く言ったり、セクハラまがいのことをしたりといった「誰が見ても問題」と思う言動に遭遇したら、心の中で大きなバッテンを付けるのは自然なこと。
「どうしても無理」と感じる部分に目をつむらず正直に向き合うことは、今後長い時間を共にするパートナーを選ぶ上で、むしろ大切です。
 
ただ、相手と会うときに、そのことに意識を傾ける必要があるかというと、たぶんないです。なぜなら、意識を傾けなくても、違和感や不快感は自然にあなたの心に信号を送るものだから。何も考えていなくても、ちゃんと感じることができるものだからです。
だから、わざわざ欠点に意識を傾ける必要はないのです。

関連キーワード:恋活  ノウハウ  ナレッジ

Check!あなたの婚活力診断

  • 恋のバリア度チェック
  • 独り身とオサラバできるかチェック
  • 恋愛感度チェック
  • ココロのバランスチェック
  • 本当の「私」チェック
  • 恋愛スキルチェック
  • 無料コンサルティングに相談しよう!結婚観や理想の相手像など、あなたのご要望をお聞きしながらコンサルティングいたします。【詳しくはこちら】
  • 自分を知って理想の相手と出会おう!!あなたの結婚EQチェック【30の質問に答えるだけ!】

PAGE TOP