婚活サイト ウーマン ツヴァイTOP > コラム インデックス > ダヨリンの“出会い上手”のヒミツ > 「結婚したい」「でも、めんどくさい」 この矛盾、あなたならどうする?

ダヨリンの”出会い上手”のヒミツ 結婚も恋愛も、始まりは素敵な「出会い」から…。恋愛アナリストの”ダヨリン”ことヨダエリさんが、出会いのヒミツや、心から信じられる人と恋愛する方法をレクチャーします。

Profile

ヨダエリ
文・ヨダエリ(dayorin)
コラムニスト/恋愛アナリスト
5月23日生まれ。東京都目黒区出身。
慶應義塾大学文学部卒業。思春期はドイツ在住。
主な著書は『その恋、今のままではもったいない!』(情報センター出版局)、『今度こそ「信じられる人」と恋愛する本』(すばる舎)など。最新刊(9/23発売)は、恋愛コンサルユニット「恋つく」としての共著『5秒で彼診断♡ 恋のリトマス試験紙』(毎日新聞社)。
ブログ:「ダヨリン 普通日記」

2012.10.26

「結婚したい」「でも、めんどくさい」
この矛盾、あなたならどうする?

関連キーワード:婚活  ノウハウ  ナレッジ

「結婚」=「面倒くさいもの」という連想に縛られていませんか?

現在、彼氏やパートナーがいないあなたに質問です。
ズバリ、結婚したいですか?

「そりゃ、したいです」
……おそらく、こう答える人が多いのではないでしょうか。
少なくともこのページを見てくれている時点で、度合いの差こそあれ結婚に興味を持っている人がほとんどだと思います。

では、そんなあなたに、さらに質問です。
結婚相手をみつけるための行動を起こしていますか?

「まぁ、それなりに」
「ある程度は」
「気が向いたときには」
……などなど、これまた度合いは人それぞれでも、「一応、頑張ってる」と答える人が多いのではないでしょうか。

ワタシのまわりにも、そんな女友達がたくさんいます。
みんな、「いつかは結婚したい」と言います。
そして、それぞれに努力をしています。
これまでと違うメイクに挑戦してみるとか、知らない人が集まる飲み会になるべく参加するようにするとか、お見合いをしてみるとか。

でも、そんな彼女たちがしばしば口にする共通の台詞があるのです。

「めんどくさい」

要は、結婚はしたいけれども、“結婚したいモード”と“めんどくさいモード”になるときがある、と。そして後者のモードに入ると、結婚のための努力も恋愛をするための努力も面倒になってくる、というのです。

……それはそうだろうなぁ、と思います。
どんなに目指すモノや欲しいモノがあっても、それを得るための努力をずっと持続できる人はいません。お休みしたい時期があるのは自然なことです。


また、結婚そのものがめんどくさくなってくることも多いようです。その感覚も、ある意味正しいと思います。異なる個性を持つ二人が、共に暮らし人生を歩んでいくのですから、当然、軋轢も生じます。楽しいことばかりではないのは誰もが認めるところでしょう。

……などなどを考えると、「結婚したい。でも面倒そう」と感じる人が少なからずいることは、別段不思議なことではありません。

……が!

そんな“結婚めんどくさい病”にかかりつつある女性(男性もいます)に話を聞いてみると、「えっ、そうなの?」とビックリしてしまうことが多々あるのです。

面倒に感じるポイントにビックリするのではありません。
“結婚とはこういう面倒が生じるものである”と決めつけていることにビックリするのです。

つまり、自分で結婚を面倒なモノにしてしまっているのです!

関連キーワード:婚活  ノウハウ  ナレッジ

Check!あなたの婚活力診断

  • 恋のバリア度チェック
  • 独り身とオサラバできるかチェック
  • 恋愛感度チェック
  • ココロのバランスチェック
  • 本当の「私」チェック
  • 恋愛スキルチェック
  • 無料コンサルティングに相談しよう!結婚観や理想の相手像など、あなたのご要望をお聞きしながらコンサルティングいたします。【詳しくはこちら】
  • 自分を知って理想の相手と出会おう!!あなたの結婚EQチェック【30の質問に答えるだけ!】

PAGE TOP