婚活サイト ウーマン ツヴァイTOP > コラム インデックス > ハッピーウーマンに聞く私のターニング★ポイント > 片想いの恋を実らせ、相思相愛に! 行動力で手に入れた「幸せな結婚」

ハッピーウーマンに聞く 私のターニング★ポイント 人生を変える「ターニング・ポイント」。この企画では、いま輝いている女性たちが、ハッピーをつかむ転機となったエピソードについて語っていただきます。

2011.10.19

片想いの恋を実らせ、相思相愛に!
行動力で手に入れた「幸せな結婚」

関連キーワード:婚活  体験談  出会い

第3回 北島智春(ちはる)さん(看護師・主婦)
1982年、東京都生まれ。高校卒業後、准看護師の専門学校を経て看護師に。消化器内科と整形外科での勤務経験がある。24歳で結婚し、26歳で出産。産後1年で仕事復帰し、託児所付きの病院で再び整形外科に勤務中。ガーデニングが趣味の、明るく大らかな女性。
意外なつながりで訪れた「運命の出逢い」

大好きな彼に愛されたい、もっともっと一緒にいたい……恋する女性なら、そう願うのは当然のこと。でも現実は、「なんだか私のほうが彼に夢中みたい」「彼ったら、私より男友達との時間を優先するんだから!」という悩みも多いのではないだろうか。そんな問題を乗り越え、幸せな結婚をつかんだのが、看護師の北島智春さんだ。

「主人のことが本当に大好きでしたからね(笑)。絶対にこの人と結婚したいと思っていました」
休日のご自宅で取材させてもらうと、幸せそうな笑顔でなれそめを語ってくれた。

智春さんがご主人と最初に出会ったのは高校時代。クラスは別々だったが、スポーツやイベントに一緒に行く、仲良しグループの一員同士だった。とはいえ、当時は話したこともほとんどなく、智春さんは別の男性とお付き合いしていた。

「その彼氏とは高3のときに別れたのですが、友達付き合いは続いていて。卒業後すぐに『友達とお祭りに行くから、お前も誰か女の子を連れてこいよ』と誘われたんです。そこに元彼の友人として主人も来ていて、高校時代ぶりに再会しました。
その後、また同じメンバーで葛西臨海公園に遊びに行って、「なんかこの人いいな〜」って。高校のころは、まったく興味なかったんですけどね(笑)。私から『今度は二人でドライブに行こう!』と誘いました

智春さんからストレートに誘った結果、みごと初デートが実現。ドライブ中、運転しながら「将来はこんなふうに親の介護をしたい」と語る彼の誠実さにますます惹かれ、やっぱりこの人しかいないと確信した智春さん。思い切って、後日メールで自分から愛を告白したのだとか。

告白をされて、ご主人はどんな気持ちだったのだろう。智春さんの取材中、そばで子供の面倒をみるご主人に聞いてみると、返ってきたのは意外な答えだった。

「告白された時点では、僕はまだ恋愛感情はなかったんです(笑)。でも告白されてから、しだいに意識するようになりました」

関連キーワード:婚活  体験談  出会い

Check!あなたの婚活力診断

  • 恋のバリア度チェック
  • 独り身とオサラバできるかチェック
  • 恋愛感度チェック
  • ココロのバランスチェック
  • 本当の「私」チェック
  • 恋愛スキルチェック
  • 無料コンサルティングに相談しよう!結婚観や理想の相手像など、あなたのご要望をお聞きしながらコンサルティングいたします。【詳しくはこちら】
  • 自分を知って理想の相手と出会おう!!あなたの結婚EQチェック【30の質問に答えるだけ!】

PAGE TOP