婚活サイト ウーマン ツヴァイTOP > コラム インデックス > ハッピーウーマンに聞く私のターニング★ポイント > 就職戦線を乗り越え天職に出会う 消極的だった彼とも、ついに結婚へ!

ハッピーウーマンに聞く 私のターニング★ポイント 人生を変える「ターニング・ポイント」。この企画では、いま輝いている女性たちが、ハッピーをつかむ転機となったエピソードについて語っていただきます。

2012.06.28

就職戦線を乗り越え天職に出会う
消極的だった彼とも、ついに結婚へ!

関連キーワード:恋活  体験談  価値観

第10回 平野麻里絵さん
1987年、東京都生まれ。社会人3年目、写真スタジオ店長。マッサージや温泉めぐりが大好き。しっかり者の長女キャラな一方、おもしろくて優しい性格の女性。
崖っぷちの就職活動を、ある言葉が救ってくれて……

大好きな彼と付き合ったものの、「彼はいまいち、結婚に乗り気じゃないみたい」と嘆く女性は多いもの。仕事は続けていこうと思うけど「もっと心から楽しめる、天職にめぐりあえたら……」といったキャリアの迷いも尽きない。そんな悩める女性に贈るのが、写真スタジオ店長の平野麻里絵さんのストーリーだ。

大学を卒業し2010年に写真スタジオチェーンに就職、今年で社会人3年目となる麻里絵さん。現在は店長として接客はもちろん、撮影やスタッフの育成、地域への営業活動など、あらゆる業務で責任を担っている。
「人と接することが大好きだから、お客様とお話したり、撮影でお子さんと触れあったりするだけで楽しいです」と話す。
 
いまでこそ仕事を楽しんでいる麻里絵さんだが、当時は他業界を志望していたという。彼女が就職活動をしていた2008年ごろは、リーマンショックや世界的金融恐慌の影響で、就職氷河期が再来。麻里絵さんも苦戦を強いられた。
 
「本当は出版かウェディングの会社に就職したくて、大学2年から情報収集などをして頑張っていたんです。でも30社受けて、結果は全滅。あのときは精神的に、かなりつらかったですね」
 
後先のない状況に追い込まれた麻里絵さんだが、そんなとき、ある面接官の言葉を機にターニングポイントが訪れる。

「志望業界でことごとく落ちていたので、いま勤務している写真スタジオの会社にも応募してみたんです。本当は出版などを目指していても、面接では 『御社でぜひ働きたい』と言いますよね(笑)。そしたら面接官に言われたんです。『あなたはいま、当社を一直線に目指してくれています。でももしかしたら、本当にあなたに合うのは別の仕事かもしれません。だから、ほかの会社もぜひ見てください』って」。
 
「それを聞いた瞬間、雷に打たれたように衝撃が走ったんです。これは、この会社以外にも言えることなんじゃないかと。『いまは出版やウィデング業界を一途に目指しているけど、本当に私に合うのは別の仕事なのかも……』って思ったんです」
以来、“子供”や“ファッション”など自分の好きなことをキーワードに、志望業界の幅を広げ始めたのだという。

関連キーワード:恋活  体験談  価値観

Check!あなたの婚活力診断

  • 恋のバリア度チェック
  • 独り身とオサラバできるかチェック
  • 恋愛感度チェック
  • ココロのバランスチェック
  • 本当の「私」チェック
  • 恋愛スキルチェック
  • 無料コンサルティングに相談しよう!結婚観や理想の相手像など、あなたのご要望をお聞きしながらコンサルティングいたします。【詳しくはこちら】
  • 自分を知って理想の相手と出会おう!!あなたの結婚EQチェック【30の質問に答えるだけ!】

PAGE TOP