婚活サイト ウーマン ツヴァイTOP > コラム インデックス > ハッピーウーマンに聞く私のターニング★ポイント > いつも「辞めたい」と逃げていた私が 仕事に “やりがい”を見いだせた理由

ハッピーウーマンに聞く 私のターニング★ポイント 人生を変える「ターニング・ポイント」。この企画では、いま輝いている女性たちが、ハッピーをつかむ転機となったエピソードについて語っていただきます。

2012.08.30

いつも「辞めたい」と逃げていた私が
仕事に “やりがい”を見いだせた理由

関連キーワード:恋活  体験談  価値観

第11回 村沢美紀さん
1983年、愛知県生まれ。損害保険会社で働く社会人7年目。昨年、中学の同級生だったご主人と結婚。趣味は旅行。ちょっぴり人見知りだけど、芯が強く穏やかで、皆から好かれるタイプの女性。
「仕事を辞めたい」と思い悩んでいた日々

あなたのまわりにも、いないだろうか? 「仕事がつらい」と言いつつも、なんだかんだで頑張り続けている人。今回ご紹介する村沢美紀さんも、そのひとりだ。彼女の話から、そのパワーの秘密をさぐってみよう。
 
新卒で損害保険会社に就職し、今年で7年目になる美紀さん。事故の当事者となった顧客から電話を受け、相談に応じたり、顧客に代わって示談交渉を行うのが仕事だ。
 
「示談交渉ですから、お客様は必死です。怒鳴られてしまうこともあります。つらくて、入社して数年はいつも『仕事を辞めたい……』と周囲にこぼしていました」と美紀さん。それでも退職しなかったのはなぜ?
 
「ひとつは、社内の人間関係にすごく恵まれていたんです。精神的にきつい仕事なので、社員はお互いのつらさを理解し、励まし合っています。『助けてくれる職場のみんなに、恩返しがしたい』という思いが、働く原動力になりました」
 
そんな美紀さんだが、退職しようと真剣に思ったことが一度だけあるという。入社4年目で、支店の異動を命じられたのだ。
 
「仲間のおかげで働き続けられたのに、そこを離れたら働くモチベーションがなくなってしまいます。それに私は人見知りなので、また一から人間関係を築けるかどうか心配でした。でも、せっかく身に付けたスキルを捨てるのはもったいないし、同僚のみんなも頑張っているんだから私も……と考えることにしました」
 
しかし異動してみると、美紀さんの“悪い予感”は的中。新しい同僚との意思の疎通がうまくいかなかったのだ。
「うち解けられず、うまく話せないことが多くて……。そのせいで業務連絡が誤って伝わってしまったり、気持ちを誤解されることもありました」
 
悩んだ美紀さんは、自分が何をすべきか考えた。
「色々考えて、私には言葉が足りないんだって気付いたんです。心の中で感謝していても、それを口に出していなかった。だから、まずは“ありがとう”をきちんと言うことを心がけました」
 
それから、美紀さんのまわりに変化が起き始めたという。

関連キーワード:恋活  体験談  価値観

Check!あなたの婚活力診断

  • 恋のバリア度チェック
  • 独り身とオサラバできるかチェック
  • 恋愛感度チェック
  • ココロのバランスチェック
  • 本当の「私」チェック
  • 恋愛スキルチェック
  • 無料コンサルティングに相談しよう!結婚観や理想の相手像など、あなたのご要望をお聞きしながらコンサルティングいたします。【詳しくはこちら】
  • 自分を知って理想の相手と出会おう!!あなたの結婚EQチェック【30の質問に答えるだけ!】

PAGE TOP